しっかり噛める
「インプラント」なら
食事も会話も
自分らしく楽しめる!

むし歯や歯周病が重症化して抜歯することになったり、突然の事故やケガで歯が折れたり抜けたりする可能性は誰にでもあります。
お口、そして全身の健康を維持するためには、失った歯をできるだけ早く補うことが重要です。
インプラントは歯を補う方法の一つで、顎の骨にインプラントを埋め込むことでしっかりと安定し、天然の歯と同じ程度の噛み心地が再現されます。
どこを治療したかわからないほど自然に仕上がり、食事や会話をお楽しみいただけます。

当院では世界的シェアのあるストローマン社製のインプラントを使用しています。ストローマン社は数あるインプラントメーカーの中でも歴史が長く、多くの臨床研究が行われています。

インプラントとは

インプラント治療では、外科手術にて歯を失った部分の顎の骨(歯槽骨)にフィクスチャー(人工歯根)を埋め込みます。
その上に土台となるアバットメントを立てて、人工歯を装着します。
人工歯根があることで安定して、しっかりと噛むことができるのが特徴です。
また、バネなどを使わず天然の歯と同じ構造で人工歯を支えるため、見た目も自然に仕上がります。

※インプラントは自由診療です。

インプラント治療のメリット

  • 顎の骨に埋め込むのでしっかりと安定する
  • 天然の歯と同じ程度の噛む力が再現される
  • 人工歯根が噛む力を顎の骨に伝えるため、顎の骨が維持されやすい
  • 自立するため、周りの歯や歯ぐきに負担をかけない
  • バネを使わないため、自然な見た目に仕上がる
  • お口の中が広く使えて発音がスムーズにできる
  • 隣の歯を削る必要がない
  • 他の歯と同じように歯磨きができる
  • メンテナンス次第で長く使える

注意する点

  • インプラント治療は、持病や全身の健康状態、または顎の骨の状態によっては治療を行えない可能性があります。

  • また、保険が適用されないため、治療費用の負担が大きくなる傾向にあります。

  • インプラント治療後は、インプラント周囲が炎症する「インプラント周囲炎」になりやすいため、定期的なメンテナンスが必要です。

他の義歯と
インプラントの違い

入れ歯ブリッジインプラント
保険適用保険適用と自由診療から選択保険適用と自由診療から選択自由診療
手術不要不要必要
かみ心地天然の歯の半分以下天然の歯の7割程度天然の歯と同じ程度に噛める
他の歯への影響支えとなる歯や歯ぐきに負担がかかる支えとなる両隣の歯を削る必要があるなし
器具の寿命4~5年程度
定期的なメンテナンスが必要
7~8年程度
定期的なメンテナンスが必要
お手入れ次第で10年以上
お手入れ毎食後、外してお手入れする必要がある他の歯と同じように歯磨きできる他の歯と同じように歯磨きできる

※横スクロールしてご覧ください

インプラント治療の流れ

当院では、治療の前のカウンセリングで、患者さんのお悩みやご要望を丁寧におうかがいします。
インプラント治療は外科手術を伴うため、全身の健康状態についてもお聞かせください。
また、多くの工程があり、通常は手術も二回必要です。
インプラント治療について詳しくご説明し、ご同意のもとで治療をスタートするのが当院の方針です。

精密検査・歯型取り・写真撮影
(術前・術中・術後)

患部だけでなく、お口全体を丁寧に調べます。
むし歯や歯周病などの症状があれば治療を優先し、お口の中が健康な状態になってからインプラント治療を始めます。
的確な治療計画を作成するためには、お口の中の模型作成と写真撮影が欠かせません。
お口の中の写真は、治療前だけでなく治療中・治療後にも撮影することで、患者さんと共有しながら治療経過を確認することが可能です。

治療計画の説明・
サージカルガイドの製作と試適

患者さんお一人お一人のお口の状態に合わせた治療計画を作成し、丁寧にわかりやすく説明します。
わからないことがあればどのようなことでもご質問ください。
手術の際に使用する、人工歯根を埋め込む適切な位置・角度・深さが記録された「サージカルガイド」を製作し、実際にお口の中に装着して適合に問題がないかを確認します。

1次手術(GBR)・2次手術

麻酔をかけて歯ぐきを開き、顎の骨にフィクスチャー(人工歯根)を埋めるのが「1次手術」です。
顎の骨の厚みや高さが足りない場合は、骨の再生を誘導する「GBR」を同時に行います。
顎の骨とフィクスチャー(人工歯根)が結合するまで、数ヶ月間待機していただきます。結合が確認されてから再び歯ぐきを切開し、人工歯根の上部にできた骨を削りアバットメント(支台)を装着する「二次手術」を行います。

仮歯の製作

最終的な人工歯を製作する前にまずは仮歯を製作し、装着します。
仮歯は、見た目の維持だけでなく、かみ合わせや顎の状態を安定させるために必要です。

最終的な人工歯の製作・装着

かみ合わせを調整しながら、白い人工歯を製作して装着します。
セラミックなどの素材を使用すれば、見た目も噛み心地も自然に仕上がります。
人工歯に使用される素材にはセラミックをはじめとするいくつかの種類がありますので、患者さんのご要望をおうかがいして決定します。

メンテナンス

インプラントを長く安定してお使いいただくためには、定期的なメンテナンスが必要です。
インプラントは人工的に作られたものですのでむし歯になることはありません。
しかし、インプラントには天然の歯にある「歯根膜」や「血管」がないため、インプラント周囲が細菌感染を起こす可能性が高くなります。
定期的にメンテナンスを受けて、インプラントや周囲に異常がないかを確認し、適切なケアで清潔に維持しましょう。
メンテナンスの頻度は患者さんによって、1ヶ月ごと、3〜4ヶ月ごとと異なります。

インプラント治療は
「北品川GREEN歯科・矯正歯科」へご相談ください

WEB予約
診療時間
9:30~13:00
14:00~18:30
休診日:木曜・日曜・祝日
WEB予約 電話をかける
9:30~13:00
14:00~18:30
休診日:木曜・日曜・祝日